February 21, 2018 / 11:08 PM / 6 months ago

スウェーデンではあまりにも早く現金が消滅しているので懸念が広がっている


*07:59JST スウェーデンではあまりにも早く現金が消滅しているので懸念が広がっている
クレジットカードを始め、電子マネー、スマートフォン決済など、現金をもたないでも生活ができる時代になってきた。それが便利かどうかはまだわからないが、少なくとも金融機関にとっては、生き死にの問題として浮上している。北欧三国の一角を占めるスウェーデンでは現金での支払いが急減しているという。
スウェーデンでは現金が急速に消えており、現金のない社会が銀行のインフラに与える影響について政府当局が懸念を表している。
2018年2月19日のBloombergブルームバーグの報道によると、スウェーデンのいくつかの銀行および政府関係者が、国内の現金が急速に消滅していることについて懸念を表明したという。

□スウェーデンでは現金支払いが急減
ブルームバーグの調査からの引用だが、スウェーデンの国民の63%が、2016年には週に少なくとも1回は現金で支払いをしたと回答したが、2017年になると、週1回、現金支払いをしている人は人口のわずか25%であった。


スウェーデンのRiksbankの総裁であるStefanIngves氏も、現金の急速な消失に関する懸念を表明し、銀行は完全なキャッシュレスのエコシステムのなかでどのような役割を演じることができるのか疑問視した。
写真出典はこちら


【ニュース提供・エムトレ】



《HT》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below