February 21, 2018 / 11:13 PM / 6 months ago

熊本電力がマイニング事業へ参入!


*08:00JST 熊本電力がマイニング事業へ参入!
熊本電力株式会社は、業界最安水準で安定した電力供給ができるという強みを存分に生かすために、仮想通貨マイニング事業を行う関連会社のOZマイニングを、地域新電力会社として設立した。電力会社がマイニング事業に参入するのは日本で初めてのことである。

■オズマイニング設立の背景

仮想通貨のマイニング事業として、子会社のOZマイニング設立の背景にあったものは何か。それは、ビットコインをはじめとする仮想通貨の利用者が急増しており、2017年10月から仮想通貨取引所が登録制になり、仮想通貨が社会的に大きな関心の的になってきていることがひとつ。
そのような社会的な関心の高さから、熊本電力はオズマイニングを設立して、マイニング事業へ参入することになった。仮想通貨のマイニングには大量の電力が必要となるが、熊本電力だと、電力業界でも最安水準の安定した電気を使用することができるため、マイニング事業には最適な環境を提供できる。さらに、熊本電力のユーザーごとに最適なマイニング環境(データセンター型、コンテナ型など条件に応じて)も提供できるし、クラウドマイニングも行うことができる。
熊本電力は業界最安水準の、1kwhあたり10円台からの安定した電力を供給する予定だ。そして、ユーザーに応じて、データセンター型のマイニング施設(マイニングファーム)や、電力があればどこにでも設置できるコンテナ型のマイニング施設を構築することにしている。また、マイニング事業を進めるにおいて、重要になる電源の確保も熊本電力と協力する。また、複数のマイナーが協力して採掘するシステムの構築を行い、販売していく。

■太陽光発電所の出力抑制対策

最近、代替エネルギーとして、太陽光発電所が増えている。そのため、従来の一般電気事業者に対しては、電力の出力抑制が検討されている。その抑制対策に対応するために、出力を抑制される余剰電力をマイニングへ作業へと振り向けることができれば、余剰電力を無駄なく利用することができる。熊本電力と子会社のオズマイニングは、仮想通貨関連事業を推進することによって、事業領域を拡大し、企業価値の向上をさらに図っていく考えにある。


【ニュース提供・エムトレ】



《HT》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below