February 26, 2018 / 12:58 AM / 8 months ago

中国、楊晶国務委員を汚職容疑で調査 副首相級


*09:50JST 中国、楊晶国務委員を汚職容疑で調査 副首相級

中国共産党中央規律検査委員会は24日、楊晶国務委員(副首相級)が「重大な規律違反があった」として調査を受けていると発表した。

国務院(内閣相当)秘書長を兼任する同氏は党籍を保留したまま1年間の謹慎と、公職の免職などの処分を下された。

新華社通信によると、国務院秘書長を兼任する同氏は「長期にわたり、企業家に便宜を図るために職権を利用するなど不適切な付き合いがあった。親族は相手側から金品を受け取った」などの汚職容疑がもたらされている。

一部の香港紙は、同氏の失脚は2017年初香港から本土に連行された中国人大富豪・肖建華氏の不正と関連があると報じた。肖建華氏は江沢民の家族の「ホワイトクローブ」(汚れた手を隠すために白い手袋をする人。マネーロンダリングなど不法金融活動の請負人)と目されている。

2017年秋の党大会では定年年齢に達していないにもかかわらず、党中央委員に再選されなかったため、失脚のうわさが飛び交っていた。

楊氏はモンゴル族出身で、同自治区フフホト市党委書記、同自治区政府主席などを経て、2008年に中央統一戦線部副部長に就任した。2013年から民族問題を担当する国務委員の職に就いていた。 


 (翻訳編集・李沐恩) 



【ニュース提供・大紀元】



《HT》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below