February 26, 2018 / 1:03 AM / 6 months ago

熊本銀行と親和銀行に銀行口座連動型スマホ決済サービス「銀行Pay」をシステム提供


*09:52JST 熊本銀行と親和銀行に銀行口座連動型スマホ決済サービス「銀行Pay」をシステム提供

GMOインターネットグループで、総合的な決済関連サービスと金融関連サービスを展開するGMOペイメントゲートウェイは、「銀行Pay」の基盤システムを、熊本銀行と親和銀行へ提供する。これによってふたつの銀行は、「銀行Pay」の基盤システムを活用した独自のスマホ決済サービスを展開できることになった。実際に稼働するのは2018年上半期を予定している。
「銀行Pay」とは何か。これは、「銀行Pay」を導入している銀行の口座開設者だと、加盟店での買い物のなどをした際に、支払いはスマホアプリから即時に引き落とすことが可能なサービスのことである。これまでに導入している銀行は、横浜銀行と福岡銀行で、今回新たに2つの銀行が加わることとなった。
いまやショッピング等支払いについては、いっそうキャッシュレス化が進んでいるのが時代の流れとなっている。この勢いは誰も止めることはできない。しかし、日本国内のキャッシュレス決済比率は、2016年はわずか20%で、海外諸国に比べるとかなり低いことがわかっている。そこで、日本政府は今から9年後の2027年を目処に、キャッシュレス化の比率を40%程度まで引き上げる方針を掲げている。
GMOペイメントゲートウェイは、金融機関のキャッシュレス化を支援するために、銀行口座と連動してスマホアプリから即時に口座引き落としなどが可能な「銀行Pay」の基盤システムを提供している。


【ニュース提供・エムトレ】



《HT》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below