February 28, 2018 / 12:27 AM / 3 months ago

中国当局 3月国家主席の任期撤廃を審議


*09:21JST 中国当局 3月国家主席の任期撤廃を審議


 中国共産党中央委員会は25日、憲法が定める「2期10年を超えてはならない」との国家主席と副主席の任期を撤廃するなどの憲法改正案を発表した。習近平国家主席は2022年以降も、国家主席を続投する可能性が高くなった。


 習近平氏は昨年10月の党大会で、2期目の党総書記と軍事委員会主席の再任が決まった。3月5日に開催する全国人民代表大会(全人代、国会に相当)で、2期目の国家主席を正式に承認される。


 中国政府系メディアによると、党中央委員会は、国家主席の任期のほか、習近平氏の政治理念を反映する、いわゆる「習近平思想」を憲法に盛り込むよう提案した。同提案は3月の全人代に提出され、審議されるとの見通しだ。

おすすめ:習近平氏、虚を捨て実を取りパワーゲームに勝つ www.epochtimes.jp/2017/10/29239.html 


 現行の中国憲法第79条第3項には、国家主席の任期について「1期5年」で、「連続任期は2期10年を超えてはならない」と明記してある。


 一方、中国共産党党規約では、党総書記の任期に就いて規定はない。昨年10月の党大会で、党最高指導部である中央政治局常務委員に新たに就任したメンバーのうち、「ポスト習近平」とみられる比較的若い候補者が見当たらない。このため、国内外の世論は、現在2期目の習近平氏が退任する予定の2022年以降も、引き続き3期目の政権を担っていくと推測してきた。


 党中央委員会が提出した国家主席の任期に関する憲法改正案は、長期政権を目指す習氏のための布石とみられている。3月の全人代で同憲法修正案は通過する公算が大きい。


 香港紙・蘋果日報によれば、現中央政治局常務委員の汪滬寧氏が、国家主席の「2期10年」任期制限の改正を主導したという。汪氏は、元国家主席の江沢民氏と胡錦涛氏のトップブレーンであったことが知られており、三代にわたって指導者の傍らに寄る「政界の不倒翁(起き上がり小法師)」と呼ばれる。


 汪氏は昨年10月の党大会で党規約に「習近平思想」を盛り込んだことや、党大会前に党内の習氏の「核心的地位」の確立にも大きく関わり、その立役者とされている。

(翻訳編集・張哲)



【ニュース提供・大紀元】



《HT》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below