March 1, 2018 / 7:05 AM / 6 months ago

政治から読み解く【経済と日本株】海江田氏(事務所):国際観光旅客税法案についてサービス・ツーリズム産業労働組合連合会の


*16:02JST 政治から読み解く【経済と日本株】海江田氏(事務所):国際観光旅客税法案についてサービス・ツーリズム産業労働組合連合会の
海江田氏(事務所)は「財務金融部会・国土交通部会・税制調査会合同会議を開き、昨日から財務金融委員会で審議されている27年ぶりの新税国際観光旅客税法案について、サービス・ツーリズム産業労働組合連合会の方々と意見交換を行いました。平成3年に創設された「地価税」は、その後、凍結されています。そうした経緯も踏まえて新税に対し、国民の理解は得られるのか?本当に観光振興のために使われるの?国会審議で質さなければならない課題は多くあります。」とツイート。(3/1)

国際観光旅客税法案については批判的な意見が多い。観光業振興のための財源として利用されるようだが、課税対象を拡大する実績作りのための法案ではないか?との見方は少なくない。歳入管理を厳格に行なう必要があるが、いわゆる「歳入庁」の創設については公務員組織の肥大化につながるため、慎重論が多いようだ。


《MK》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below