March 5, 2018 / 11:30 PM / 9 months ago

NYの視点:NAFTAと輸入関税


*08:26JST NYの視点:NAFTAと輸入関税
メキシコで開催されていた北米自由貿易協定(NAFTA)再交渉の第7回協議が終了した。25日から開催されていたNAFTA協議に主だった進展が見られず、トランプ大統領は鉄鋼25%、アルム二ウム10%の輸入関税を導入する計画を発表。交渉のレバレッジとして使用する目論見もあったと考えられる。トランプ大統領は5日ツィッターで、もし、新たなNAFTA合意がより良く、公平となった場合にのみ、メキシコとカナダを輸入関税対象からはずすと述べている。

米国の強硬措置への警告にもかかわらず、NAFTA協議は特に進展はなく終了。米国の意図が外れた形。ライトハイザー米通商代表部(USTR)代表は、向こう、1,2カ月で合意する必要性を強調。メキシコでは総選挙が控えており、協議がしばらく保留される危険もある。期限が差し迫っており、メキシコ、カナダ、米国と3国間での合意が不可能ならば、2国間での合意もありうると指摘した。

トランプ大統領による輸入関税計画発表後、予想されていた通り、各国からの反発も大きく、欧州連合(EU)なども報復措置を辞さない構えを示した。EUに対しては、大統領は加えて、自動車への輸入関税を課す可能性も示唆した。国外だけでなく、国内議員からの反対意見も多い。共和党のライアン議長は輸入関税計画を発動しないよう、大統領に要請したと報じられたが、大統領の意思は固く、強硬姿勢を弱める意向がないとした。現在のNAFTAは非常に悪い内容だと繰り返した。

米国政府の意に反し、何の進展もなくNAFTAが終了後、トランプ大統領が果たして8日に、輸入関税の詳細発表を強行するかどうかに注目が集まる。



《CS》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below