March 6, 2018 / 1:05 AM / 5 months ago

送金も決済も可能な「ウォレットアプリ」を大幅リニューアル


*09:59JST 送金も決済も可能な「ウォレットアプリ」を大幅リニューアル
株式会社Kyashは、2018年3月5日から「ウォレットアプリ」としてアプリのインターフェースを大幅リニューアルした。

「Kyash」は送金や請求、ネットショップで買いものができるアプリのことで、このアプリを介してお互いに送金するだけではなく、受け取ったお金を「KyashVisaカード」としてVisaが利用できるネットショッピングや、モバイルSuicaにチャージし、全国のコンビニや交通機関等で使用することもできる。「KyashVisaカード」へのチャージは、クレジットカード以外にも、コンビニや銀行ATM、オンラインバンキング経由で行える。
今回、送金やショッピングを「Kyash」アプリひとつでできる「ウォレットアプリ」として、大幅アップデートを行った。

■新しいウォレットUIの紹介

チャージ、買いもの、送金、請求がすべてこの画面からできる。
1.「KyashVisaカード」へのチャージ
コンビニや銀行ATM、オンラインバンキングでのチャージ手続や、クレジットカードを登録してチャージすることができる。
2.「KyashVisaカード」での買いもの
「KyashVisaカード」にチャージした残高は、Visa加盟店のネットショッピングでの買いものに利用できる。ネットショップ以外にも、アプリへの課金や、モバイルSuicaへのチャージにも利用可能だ。
3.送金・請求
「KyashVisaカード」にチャージした残高は、買いもの以外に、送金もできる。さらに、立て替えたお金の請求も可能だ。
今後は、「ウォレットアプリ」として、さまざまな機能を追加したり、外部との連携を図ることにしている。たとえば、「KyashVisaカード」へのチャージの方法として、クレジットカードやコンビニ、銀行口座に加えて、仮想通貨や各種ポイントなどからもチャージできるようにすることを検討している。
「KyashVisaカード」は現在、国内外のオンラインVisa加盟店で利用できるが、コンビニやスーパーなど実店舗での買いものにも利用できるよう、決済手段の追加を予定している。
さらに、「チャージ方法の拡充・決済手段の追加」に加えて、自動家計簿・資産管理サービス「マネーフォワード」との連携したように、「ウォレットアプリ」として利用できる範囲を拡大するために、外部との連携も強化することにしている。


【ニュース提供・エムトレ】



《HT》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below