March 6, 2018 / 1:05 AM / 7 months ago

OANDA Japanが監修した『FX用語辞典』発売!


*09:59JST OANDA Japanが監修した『FX用語辞典』発売!
外国為替証拠金取引(FX)を提供するOANDAJapan【関東財務局長(金商)第2137号】が監修した書籍『FX用語辞典』が、2018年3月2日から全国の書店でいっせいに発売となった。なお、OANDAは、1996年にカナダトロント大学のコンピュータ工学教授マイケル・スタム博士と、彼の友人で計量経済学者のリチャード・オルセン博士の二人により設立され、2001年にFXブローカーとしてのサービスを開始した。日本法人を設立したのは2011年である。

■FX用語辞典について

複雑になりがちなFX用語、376語をわかりやすく徹底解説したもので、初心者の「知りたい」、中・上級者の「いまさら聞けない」問いに答えている。「そもそも外国為替とは何なのか?」「ロスカットとマージンコールの違いは?」など、基本的な用語を丁寧に図を使いながら説明しているのが特徴だ。さらに、FXブローカーしか書けないコラムも掲載している。たとえば、「ノミ業者は悪者?NDD方式は良い者?」「ストップ狩りは本当にあるのか?」などのFX業界の裏話もあますところなく紹介している。

■書籍概要

タイトル:FX用語辞典
著者  :OANDAJapan株式会社(監修)
出版社 :幻冬舎
発売日 :2018年3月2日
判型  :4-6・354ページ(単行本ソフトカバー)
価格  :1,200円+税
ISBN  :9784344912960
OANDA JAPANでは、書籍の発売を記念して『FX用語辞典』プレゼントキャンペーンを行っている。対象となるのは、一定条件を満たした方で、抽選で100名にこの書籍をプレゼントする。詳細はこちらまで。


【ニュース提供・エムトレ】



《HT》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below