March 7, 2018 / 9:32 AM / 6 months ago

コラム【アナリスト夜話】:日銀・黒田総裁『逆バズーカ』と2期目の心理(マネックス証券チーフ・アナリスト大槻奈那)


*18:27JST コラム【アナリスト夜話】:日銀・黒田総裁『逆バズーカ』と2期目の心理(マネックス証券チーフ・アナリスト大槻奈那)
先週金曜日、日銀・黒田総裁が出口に触れるという“逆バズーカ”で不意打ちを受け、ドル円は105円台の円高に振れました。

もともと日銀は、目標達成まで緩和を継続するとしているのですから、「19年度に2%達成を確信している」と発言した以上、「出口を19年度頃に検討する」という今回のコメントには全く違和感はありません。

では、新体制の日銀は、実際どのように動くと考えられるのでしょうか。

経営者の判断には、純粋な損益予想だけでなく、心理的な要素が強く関係しているとする「心理会計」という考え方があります。

例えば、1期目に失敗した経営者は、その翌年には、その失敗体験と今期の成否の可能性を「統合勘定」で考える可能性が高いとされます。このため、今期に失敗を埋め合わせようと、無謀なリスクを取ったり、逆に全くリスクを取れなくなってしまいます。このため、失敗した経営者は交代させた方がベターです。

逆に、過去成功をしている場合、今期も好環境が続くと予想されている限り、過去を切り離し、今期を「分離勘定」で考えやすい傾向があります。業務に冷静に集中しやすい状態です。

では、黒田氏の場合はどうでしょうか、1期目は、株価も物価上昇率も、一定の成果を挙げたといえるでしょう。ただ、4月からの2期目は、かなり厳しい環境になると予想されます。その場合、好環境が予想されている場合とは異なり、過去の成果と今期を「統合勘定」で考える傾向が高まります。

この場合、過去の成果を守るため、どちらかというとリスクが取りにくくなると予想されます。最近の市場の金融政策への神経質な動きをみる限り、実際出口に向かうとなると、相当のリスクやコストを伴うことになりそうです。このため、心理会計的には、今のところ、出口に向かう気にはまだまだなれないのでは、と想像します。

もっとも、今回の市場の反応は、発言の現実味の問題ではなく、あらゆる売り材料を見つけているだけとも考えられます。そんな時こそ、投資戦略的には、過去の損は「分離勘定」でとらえ、今後の市場動向を冷静に判断したいものです。

マネックス証券 チーフ・アナリスト 大槻 奈那
(出所: 3/5配信のマネックス証券「メールマガジン新潮流」より、抜粋)



《DM》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below