March 12, 2018 / 6:03 AM / 9 months ago

政治から読み解く【経済と日本株】立憲民主・蓮舫氏:公文書から勝手に政治家や総理夫人の名前を削除する事例があるか聞くと慣行


*14:54JST 政治から読み解く【経済と日本株】立憲民主・蓮舫氏:公文書から勝手に政治家や総理夫人の名前を削除する事例があるか聞くと慣行
立憲民主・蓮舫氏は「昨年2月に国会で問題になって以降、2月下旬に安倍昭恵夫人、政治家の名前のある経緯を全て削除。今日、財務省に過去、公文書から勝手に政治家や総理夫人の名前を削除する事例があるか聞くと「慣行はない」、と。」とツイート(3/12)

報道によると、学校法人・森友学園との国有地取引に関する決裁文書の書き換え疑惑で、財務省は12日、書き換えがあったことを認める報告を行った。政府は、昨年2月に問題が発覚した後、国会答弁との整合性を図るために財務省理財局の指示で行われたと認定。蓮舫氏は財務省に対して「過去、公文書から勝手に政治家や総理夫人の名前を削除する事例があるか」と聞くと財務省側は「慣行はない」と答えたそうだ。違法行為である公文書の書き換えを官僚の独断で行なったとの根拠は乏しく、一部の識者は「財務省の独断で記録を削除したとしても前例のないケースであることから、麻生財務相、安倍首相には事後報告している可能性がある」と指摘している。



《MK》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below