March 13, 2018 / 12:39 AM / 6 months ago

日本の仮想通貨取引交換所は、669件のマネーロンダリングを報告


*09:26JST 日本の仮想通貨取引交換所は、669件のマネーロンダリングを報告

仮想通貨の取引で問題になっているのは、仮想通貨がハッキングに弱く、また、マネーロンダリングの手段に使われたり、テロ活動団体の資金源になっていることが指摘されている。仮想通貨の取引が盛んな国内の仮想通貨取引交換所でも、こうした事態に備えて対策を講じているが、それでも2017年4月から12月までの9カ月間の調査で、669件のマネーロンダリングではないかという疑わしい取引があったという。
NikkeiAsianReviewの報道によると、日本の仮想通貨取引交換所は、マネーロンダリングの疑いがある取引が669件あることを、警察庁に報告している。
日本の仮想通貨取引交換所では最近、不祥事が続いている。たとえば、コインチェックでは500億円相当の仮想通貨NEMがハッキングされたり、Zaifでは取引システムの技術的な不具合で、2000兆円相当の仮想通貨が無料で表示される、という「事件」があった。それゆえ、金融庁は、仮想通貨取引交換所への規制を厳しくしている。
日経の報道によると、仮想通貨のマネーロンダリングのこの新しいレポートは、2017年4月から12月までの9カ月間に仮想通貨の取引のなかから、マネーロンダリングと疑われるような取引を抽出してみたら、699件見つかったということである。
出典:BankInnovation


【ニュース提供・エムトレ】



《HT》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below