March 20, 2018 / 2:51 AM / 4 months ago

インバウンド客のリピート買いに貢献する越境EC、SMBC日興証券(花田浩菜)


*11:49JST インバウンド客のリピート買いに貢献する越境EC、SMBC日興証券(花田浩菜)


こんにちは、フィスコリサーチレポーター花田浩菜の「SMBC日興証券の気になるレポート」です。

3/20付の「DailyOutlook」では、越境ECについて考察しているのでご紹介します。

まず同レポートでは、『訪日客数は2015年の爆買いブーム後も増加が続いているが、株式市場ではインバウンド関連株の2極化が見受けられる。資生堂(4911)やコーセー(4922)などの化粧品・トイレタリー関連株の一部は今年に入って上場来高値を更新している。一方で、百貨店やドラッグストアは相対的に低調なパフォーマンスとなっている』と伝えています。

続けて、これらの違いは、訪日客が日本から本国へ帰国した後でも“リピート買い”ができるか否か、ではなかろうか、との見方を示し、『化粧品のように帰国後も継続買いが可能なものとしては、紙おむつ、食品、雑貨、衣料などが該当しよう。ただし海外各地で営業所や店舗、Eコマース(EC)サイトを提供・展開するのは大手企業にはできても、中小企業には難しい。また、大手の商品でも個人で並行輸入したほうが安く購入できるケースも少なくない』と分析しています。

さらに、『こうしたことを可能にするのが「越境EC」関連企業だ。越境ECとはインターネット通販サイトを通じた国際的な電子商取引のことである。経済産業省によれば、世界の越境ECの市場規模は2016年で約4,000億ドルであり、中国が日本から購入する額は約1兆円となっている。なお、越境ECでは海外のブランド品などを日本の消費者向けに輸入する動きも盛んだ』とまとめています。

最後にレポートでは、『主な越境EC関連銘柄』を紹介しています。具体的にはアドウェイズ2489やあらた2733、Hamee 3134など全7銘柄が挙げられていますので、詳しくは3/20付の「DailyOutlook」をご覧になってみてください。

また、面白いレポートを発見したらご紹介しますね。

花田浩菜の「気になるレポート」は各種レポートを花田浩菜の見解で注目し、コメントしています。レポート発行人との見解とは異なる場合があります。詳細は発行人のレポートを御確認くださいませ。

フィスコリサーチレポーター花田浩菜

《ST》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below