March 22, 2018 / 2:05 AM / 6 months ago

2017年のICOのほぼ半分はすでに失敗している


*11:00JST 2017年のICOのほぼ半分はすでに失敗している
2017年に開始されたICOの46%は、目もくらむような1億400万ドルの資金調達をおこなったにもかかわらず、すでに崩壊して燃え尽きていた。
BitcoinNewsは、2017年から902のICOを分析し、142のICOが資金調達を解消できなかったことを明らかにした。
もうひとつ、276のICOは、資金調達したあとの過程で失敗した。調達した資金を持ち逃げしたり、徐々に曖昧な部分につぎ込んでいったりして失敗をした。
そのうえ、113のICOプロジェクトは失敗に近いものだった。分析をしたアナリストによれば、特定のプロジェクトの開発チームがもはやソーシャルメディア上でコミュニケーションしていないか、そのプロジェクトを取り巻くコミュニティがあまりにも小さすぎるために、半ば失敗に終わっているという。しかし、いずれにしても投資家は不幸に違いない。
分析チームは、ICOの現場で不正な詐欺行為がかなりあることをすでに知っていたため、金融監督東京に投資家を守るための新しい規制を検討する必要があると進言した。誰かがあなたに一時的に華やかに見える新しい暗号トークンを売ろうとするとき、懐疑的になるのは、高い確率で失敗することがもう一つの理由である。
出典:MITTechnologyReview


【ニュース提供・エムトレ】



《HT》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below