March 22, 2018 / 12:40 AM / 6 months ago

コラム【アナリスト夜話】:森友問題で感じる官と民の壁(マネックス証券チーフ・アナリスト大槻奈那)


*09:36JST コラム【アナリスト夜話】:森友問題で感じる官と民の壁(マネックス証券チーフ・アナリスト大槻奈那)
今週末のTV番組は、森友問題一色でした。解説者らが口々に背景を推測し、関係者の責任に言及していました。

事実関係が明らかになれば、次に必要なのは、今後の再発防止策です。しかしこれは、個人の引責の問題ではなく、意外と時間のかかるものになりそうな気がします。

日本の公務員は、人口当たりの数が先進国中突出して少なく、かつ、収入は高いと言われています。このためか、離職率は5.9%と、企業の一般職の11%よりかなり低くなっています。

転職が少ないことは、組織への忠誠心を高めるという点ではプラスです。が、それが強くなり過ぎると、その組織を守ることと、その中で自分がステータスを確立していくことに邁進してしまう懸念があります。

また、公務員の人員が少ないということは、他国に比べて多忙になっており、その分民間との接触も限られている可能性があります。結果として、民間のメンタリティと距離が生まれ、逆に民間からは、官の世界が見えにくくなり、厳しい批判の対象になりやすくなっている感もあります。

断絶を生まないためには、やはり人の交流が重要でしょう。よく言われる通り、他国では、官民の間の転職が盛んな“回転ドア”になっているケースが多くみられます。何らかの形で交流を進めることが、改善の手がかりになるのではと思います。

いずれにしても、当面の報道は、こうした長期的な対応策よりは、責任問題に終始するでしょう。政権交代までに至るとは考えにくく、市場に中長期的な影響はないでしょうが、ひとまず、証人喚問の行方や引責の範囲、年内決定予定の消費増税への影響などをフォローしておく必要がありそうです。

マネックス証券 チーフ・アナリスト 大槻 奈那
(出所: 3/19配信のマネックス証券「メールマガジン新潮流」より、抜粋)



《DM》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below