March 27, 2018 / 1:05 AM / 6 months ago

原油先物上昇の背景は? サンワード貿易の松永氏(三井智映子)


*10:00JST 原油先物上昇の背景は? サンワード貿易の松永氏(三井智映子)
皆様こんにちは、フィスコマーケットレポーター三井智映子の「気になるレポート」です。先週ガソリンを入れたら、いつもは5000円でおさまるのに超えてしまい、原油高を身近に感じました。行楽シーズンは原油価格が上がりがちなイメージがありますが皆さんはいかがですか?原油先物上昇の背景には何があるのか、今日は原油市場のレポートをご紹介します。

週末の原油先物相場は上昇しましたね。その背景にはOPEC要人発言やイラン問題があるようです。レポートによると『サウジアラビアのハリファ・エネルギー相は23日、「OPEC主導の協調減産を来年も継続する必要がある。」と述べました』とのことで需給から上昇したようです。在庫低減のために協調減産に取り組む必要があるとの考えのようです。

加えてレポートでは、『トランプ大統領が、マクマスター大統領補佐官を更迭し、対イラン強硬派とみられるボルトン元国連大使を後任に決定したことも支援材料となりました』とのことで、アメリカがイランに対し制裁を再開するのではとの不安感や、リビア情勢の緊迫も原油高の一員となったようです。

そしてNY原油をテクニカル面で見て行くと、『1月下旬の高値とダブルトップを形成するのか、高値更新して更なる上昇となるのか』と問いかけており、『テクニカル的にも注目される水準まで上昇しております』とまとめています。

上記の詳細コメントは、ブログ「松永総研~北浜の虎と呼ばれた男~」の3月26日付の「原油市場」にまとめられていますので、ご興味があればご覧ください。

三井智映子の「気になるレポート」は各種レポートを三井智映子の見解で注目し、コメントしています。レポート発行人との見解とは異なる場合があります。詳細は発行人のレポートを御確認くださいませ。

フィスコマーケットレポーター 三井智映子



《DM》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below