March 27, 2018 / 2:50 AM / 7 months ago

言葉の壁を越えて~翻訳ツールを使って日本の魅力UP、SMBC日興証券(花田浩菜)


*11:47JST 言葉の壁を越えて~翻訳ツールを使って日本の魅力UP、SMBC日興証券(花田浩菜)


こんにちは、フィスコリサーチレポーター花田浩菜の「SMBC日興証券の気になるレポート」です。

3/27付の「DailyOutlook」では、翻訳関連銘柄について考察しているのでご紹介します。

まず同レポートでは、『JNTO(日本政府観光局)によると、2月の訪日外客数は250.9万人(前年同月比23.3%増)と2月として過去最高を記録。春節の恩恵もあったが、すべての国、地域で2月として過去最高と、日本は順調にインバウンド需要を取り込んでいる』と伝えています。

一方で、観光庁によると、訪日客が困っていることに「施設等のスタッフとのコミュニケーションがとれない」や「多言語表示の少なさ・わかりにくさ」があることを挙げ、『2020年東京五輪を視野に日本の魅力をより感じてもらうために、言葉の壁を乗り越える環境整備が必要であろう』と分析しています。

さらに、『そうした中、総務省は音声翻訳技術の多言語・多分野化を推進し、2020年までに社会実装を目指している。同省所管の情報通信研究機構(NICT)とともに、「翻訳バンク」で翻訳データを集積しており、AI(人工知能)による深層学習を活用して自動翻訳システムの更なる高精度化を促進。現在、NICTの音声翻訳アプリ「VoiceTra(ボイストラ)」は31言語に対応しており、技術の民間開放を進めている』とまとめています。

最後にレポートでは、『主な翻訳関連銘柄』を紹介しています。具体的にはヤマハ7951や凸版印7911、NEC6701など全6銘柄が挙げられていますので、詳しくは3/27付の「DailyOutlook」をご覧になってみてください。

また、面白いレポートを発見したらご紹介しますね。

花田浩菜の「気になるレポート」は各種レポートを花田浩菜の見解で注目し、コメントしています。レポート発行人との見解とは異なる場合があります。詳細は発行人のレポートを御確認くださいませ。

フィスコリサーチレポーター花田浩菜

《ST》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below