April 3, 2018 / 6:38 AM / 5 months ago

中国、半導体企業に減税措置 


*15:26JST 中国、半導体企業に減税措置 

中国財政省は3月30日、半導体メーカーを対象とする減税措置を発表した。技術移転をめぐって米国との緊張が高まる中、輸入への依存を減らす目的だ。

米国は、半導体などハイテク分野の差別的貿易慣行を理由に、600億ドル相当の中国製品に追加関税を課すことを検討している。

同省のウェブサイトに掲載された通知によると、半導体企業は今年1月1日を起点に最長5年間、企業所得税を免除される。また、その後10年目まで税率が現行の25%の半分になる。

この優遇措置は、半導体メーカーを幅広くカバーしている。

2016年には、3330億ドルの世界半導体市場の中で、日本が6.6%、南北アメリカが10.4%を占めるのに対し、中国の消費額は44.2%と需要が高い。同年末時点で、中国に171社の半導体メーカーがあり、世界全体の生産能力の約14%を占める。中国の半導体輸入は年2000億ドルに上り、輸入に大きく依存している。中国当局は、2030年までに外国のライバル企業を追い越し、半導体メーカーのトップになることを目指している。

中国は、これまで外国企業の買収などを通じて、技術を移転させ開発を加速させてきた。しかし、近年、いくつかの買収案は失敗に終わった。政府系半導体最大手の紫光集団の米ウエスタンデジタル社買収案は米規制当局の承認が得られず、計画を断念。台湾でも半導体パッケージング・テスティング(封止検査)大手2社への出資計画は頓挫した。

中国は国内生産を拡大するために政府から多額な出資が行われている。昨年、政府系半導体大手の清華紫光は2016年から20年までの5年間、国家開発銀行から最大1000億元の資金提供を受けるほか、国有ファンドの「国家集成電路産業投資基金」からも500億元の投資を受け入れた。

(翻訳編集・李沐恩)



【ニュース提供・大紀元】



《HT》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below