April 3, 2018 / 10:41 PM / 7 months ago

NYの視点:ウィリアムズ次期NY連銀総裁は中立タカ派寄り


*07:37JST NYの視点:ウィリアムズ次期NY連銀総裁は中立タカ派寄り
ニューヨーク地区連銀は、6月17日に退任するダドリー総裁の後任に、現在米サンフランシスコ連銀の総裁を務めているウィリアムズ氏を次期総裁に指名した。地区連銀総裁は通常、連邦公開市場委員会(FOMC)での投票権が毎年持ち回りとなる。しかし、NY連銀総裁だけは、議長や副議長、理事と同様に、毎年投票権を有する。このため、議長、副議長とともに、金融政策決定において大きな影響力を持つ。

副議長の席はまだ空席。パウエル議長や規制担当のクオールズFRB副議長はともにエコノミストではない。このため、唯一エコノミストであるウィリアムズ氏は、今まで以上に、NY連銀の影響力を強めるとの見方もある。

ウィリアムズ氏は2002年からサンフランシスコ連銀に在籍。2011年からサンフランシスコ連銀の総裁職にある。イエレン前議長がサンフランシスコ連銀総裁を務めていた際、ウィリアムズ氏は、サンフランシスコ連銀でリサーチ・ダイレクター職にあった。当初はイエレン前議長と同様にハト派として知られていたが、FOMCが金融政策の正常化を開始したころから、中立でややタカ派寄りの方針を示している。

インフレ目標では、物価水準目標を提案。目標が未達の場合、その後は2%を上回る物価上昇を容認し、調整していくという考え。ただ、FOMCの多くのメンバーがすでに、2%突破を容認するような発言をしている。

■ウィリアムズ氏の見解ポイント
・中立でタカ派寄り
・FOMC決定で反対票を投じたことなし
・物価水準目標を提案


《CS》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below