April 5, 2018 / 10:41 PM / 4 months ago

NYの視点:米貿易赤字は9年半ぶり最大に膨れ上がる、対中赤字は大幅減


*07:37JST NYの視点:米貿易赤字は9年半ぶり最大に膨れ上がる、対中赤字は大幅減
米国商務省が発表した2月貿易赤字は前月比+1.6%の576億ドルに拡大し、赤字幅は2008年10月以降9年半ぶりで最大に膨れ上がった。赤字は6カ月連続で拡大。商品価格の上昇が一因と言われている。輸出、輸入とも過去最高に達した。財輸出は2.3%増の1372憶ドル。工業製品の出荷、エンジン、自動車の販売が押し上げた。対中の輸出は変わらず。

財輸入は1.6%増の2142憶ドル。食料品、鉱工業材料、資本財が押し上げた。サービスの輸入は478憶ドルと、1月の468憶ドルから拡大し過去最高を記録した。冬季オリンピックの放映ライセンス料金がおもな要因と見られている。米国の対中輸入は14.7%減となった。

政治的な論争となった対中の赤字は前月比18.6%減の293憶ドルと大幅に減少。一方、対メキシコの赤字は46.6%増に膨らんだ。

グローバリストのコーン氏の辞任で、政権内での影響力を強めており、対中強硬派として知られるナバロ国家通商会議委員長は、米国の展望が「自由貿易だ」と態度を軟化。米中貿易論争で、クドロー米国家経済会議(NEC)委員長やロス商務長官らも最終的に交渉を経て、合意にいたると見ている。ナバロ氏は、ムニューシン米財務長官とライトハイザー米通商代表部(USTR)代表が中国と交渉にあっていることも明らかにした。

トランプ政権は結局のところ、雇用や経済の成長拡大を求めている。ドルにとり最終的にはプラス材料になると考えられる。


《CS》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below