April 9, 2018 / 10:44 PM / 5 months ago

NYの視点:ムニューシン米財務長官は貿易戦争を否定


*07:38JST NYの視点:ムニューシン米財務長官は貿易戦争を否定
米国のトランプ政権は、米中貿易論争に関する姿勢を軟化した。ムニューシン米財務長官や米国家経済会議(NEC)のクドロー委員長は週末のインタビューで、関税の実施が差し迫っているわけではなく、貿易戦争を回避するために合意に至るよう協議する時間がまだあるとし、再び市場の鎮静化に努めた。

ムニューシン米財務長官は6日に、「潜在的に貿易戦争の可能性がある」と指摘したため投資家心理が悪化。しかし、8日のCBS「Face the Nation」とのインタビューで、「中国が自由で公平な相互貿易の協定に合意しなければ、米国は積極的にこの条件を押し通す必要がある」「米国の意向は中国と協議を継続することであり、貿易戦争の可能性はあるものの、まったく予想していない」と指摘。トランプ大統領も8日、「中国は米国との貿易障壁を崩すことになるだろう、それが正しいことだからだ」とツイートした。一方で、中国は人民元の切り下げも検討していると報じられており、習近平国家主席が10日にアジアフォーラムで予定している演説に注目が集まる。

北大西洋自由貿易地域(NAFTA)に関しては、メキシコ政府高官によると、今週の合意は困難だという。5月初旬での合意確率が80%だと指摘した。トランプ大統領は、NAFTA再交渉協議が進んでおり、合意にいたる可能性を指摘。しかし、必要とあれば脱退も除外しない構えを繰り返した。世界貿易に関する懸念はくすぶる。




《CS》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below