April 12, 2018 / 10:43 PM / 12 days ago

NYの視点:トランプ米政権、対中貿易競争への対処でTPPも選択肢に


*07:36JST NYの視点:トランプ米政権、対中貿易競争への対処でTPPも選択肢に
トランプ大統領は、トップ経済チーム、ライトハイザー米国通商代表やクドロー国家経済会議(NEC)委員長に、環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)の再考を命じたと報じられた。

トランプ政権は鉄鋼やアルミ関税を発表後、対中で厳しい追加輸入関税計画を発表していた。これに対し、報復措置も警戒されるが、中国の習国家主席は市場の開放を公約。トランプ大統領は、中国が貿易障壁の多く、もしくは全てを取り除く可能性もあると話していた。NAFTA(北大西洋自由貿易協定)再交渉協議も目覚ましく進展し、合意も近いとされている。

対中貿易制裁に関して、クドロー国家経済会議(NEC)委員長は度々、現段階では提案に過ぎず、実施には数か月かかり、交渉次第で合意にいたる可能性を強調していた。ムニューシン米財務長官も潜在的な貿易戦争のリスクはあるものの、「可能性はほとんどない」と指摘。トランプ大統領は貿易に関し、2国間の合意が依然好ましいとする一方で、中国との競争に対処する手段を、11カ国と別々に交渉するよりも、TPPで他国間合意を結んだほうがてっとり早いと考え始めているようだ。

貿易戦争への懸念が後退することは投資家心理の一段の改善につながる。


《CS》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below