April 18, 2018 / 1:32 AM / 5 months ago

コラム【アナリスト夜話】:待ったなしのフェイクニュース対策(マネックス証券チーフ・アナリスト大槻奈那)


*10:25JST コラム【アナリスト夜話】:待ったなしのフェイクニュース対策(マネックス証券チーフ・アナリスト大槻奈那)
先週EUで、フェイクニュースに関わる初の自主ルール案が策定されました。フェイスブック問題を受けての対策で、今後SNS等の運営会社は、オンライン上の偽情報を排除するよう促されます。

しかし結局運営会社ができるのは、あくまで、偽情報が出た後の対処です。情報拡散のスピードを考えると被害が防げない恐れがあります。

2003年12月、九州の佐賀銀行で大規模な取り付け騒ぎが発生しました。ある女性が知人たちに送った同行の倒産警告メールが拡散したためです。今なら、SNSを通じて、より広範囲に、かつ瞬時に噂が広がるでしょう。銀行の信用力が高いうちは大丈夫でしょうが、局面次第では、偽情報は、手軽な割に、高度なサイバー攻撃以上の被害を与えかねません。

こうした偽情報の被害は個人にも広がっています。米国の有力研究機関のピュー研究所の調査によれば、41%がネットでデマなどの被害を受けたことがあると回答しています(17年調査)。なかでも、18歳から29歳の若年層では3人に2人が被害を受けています。しかも発生率は増加傾向にあります。

ところが、偽情報の書き込みの発信者に刑罰が科されるケースは極めて稀です。佐賀銀行の事件でも、メールの送信者に悪意はなかったとして不起訴処分となっています。

これに対し、今月マレーシアで、世界で初めて、発信者に罰則を科す偽情報禁止法が成立しました。発信者への罰則は、書き込みの抑止力になります。言論統制との批判もあるようですが、企業や個人にとっての被害を考えると、運営業者だけでなく、発信者に対する対策も必須と思います。他国でも、偽情報への多面的かつ早急な取り組みが求められるでしょう。

マネックス証券 チーフ・アナリスト 大槻 奈那
(出所: 4/16配信のマネックス証券「メールマガジン新潮流」より、抜粋)



《DM》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below