April 18, 2018 / 3:23 AM / a month ago

シカゴコーンはしばらく軟調地合いか サンワード貿易の松永氏(三井智映子)


*12:17JST シカゴコーンはしばらく軟調地合いか サンワード貿易の松永氏(三井智映子)
皆様こんにちは、フィスコマーケットレポーター三井智映子の「気になるレポート」です。今回はテクニカルが悪化してきたというトウモロコシ市場についてのレポートをご紹介します。

レポートでは、『シカゴコーンは、アルゼンチンの干ばつを受けて1月上旬から上昇基調を続けましたが、3月上旬に395セントまで上昇してからは、390セント付近が上値抵抗線となっております』と伝えています。

農家のつなぎ売り圧力=農売りが高まっているようで、『農売りによる390セント付近の上値抵抗線を突破するほどのファクター不足となっているようです。アルゼンチンのトウモロコシ生産は世界全体の2%強程度ですから、アルゼンチンの乾燥気候でトウモロコシ市場がこれまで騒がれ過ぎたのかもしれません。それにより、シカゴコーンはしばらく軟調地合いを続けそうです』と分析しています。

またとうもろこしの作付けが気になる季節となりましたが、米農務省が発表した週間作柄・育成進展状況では、主要18州の作付けは過去平均を下回っています。ただレポートでは、『この時期は、比較的温暖な地域でのみ作付け作業を開始するので、米穀倉地帯の中心部の作付けはまだ先です。一方、土中水分は、年初から積雪量が多かったので、全体的に少し多めです』と土中水分は好ましい状況だとの見解を示しています。

作付け自体はまだ低水準となっているものの、『日本では、積雪量の多かった年は、土中水分に恵まれて米が豊作になり易いとされております』と伝えており、トウモロコシなど穀物の収穫には期待できそうです。参考にしてみてくださいね。

上記の詳細コメントは、ブログ「松永総研~北浜の虎と呼ばれた男~」の4月17日付の「トウモロコシ市場」にまとめられていますので、ご興味があればご覧ください。

三井智映子の「気になるレポート」は各種レポートを三井智映子の見解で注目し、コメントしています。レポート発行人との見解とは異なる場合があります。詳細は発行人のレポートを御確認くださいませ。

フィスコマーケットレポーター 三井智映子



《DM》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below