April 20, 2018 / 2:15 AM / 7 months ago

OAuth認証機能利用時のIPアドレスフィルタリング機能が利用可能になった


*11:08JST OAuth認証機能利用時のIPアドレスフィルタリング機能が利用可能になった
仮想通貨取引所のZaif(zaif.jp)は、2018年4月16日(月)から、OAuth認証機能利用時のIPアドレスフィルタリング機能が利用可能になったと発表した。OAuthとは、OAuth連携機能のある外部アプリケーションとZaifを連携させる仕組みのこと。OAuthについてのわかりやすい説明はこのサイトが非常に参考になる。
【新たなセキュリティ機能】
第三者によるOAuth認証機能の不正利用を防止するために、いつも利用しているサーバーのIPアドレスを登録するだけで、登録したIPアドレス以外からのアクセスは拒否をする。また、サブネットマスクも設定することが可能なので、利用可能なIPアドレス幅を広げ、設定変更の手間を省くことも可能になる。
【登録方法】
STEP1:Zaifにログインしててアカウントページ→各種サービス→開発者向けAPI→APIKeysにアクセスしていく。
OAuth認証機能利用時のIPアドレスフィルタリング機能が利用可能になった
STEP2:「連携アプリケーションのアクセス元IPアドレスの登録」にIPアドレス、コメントを入力し、「登録ボタン」を押す。
【注意事項】
この機能は、現在OAuth認証機能を利用中のユーザー向けの機能であること。
IPアドレス制限はOAuth認証機能ごとの設定ではなく、アカウントごとに設定が可能であること。
IPアドレス制限を設定していない場合は、どのIPアドレスからでもOAuth認証機能を利用できること。
第三者(中間的業者)の運営するシステムのIPアドレスを登録するときは、ユーザー自身の判断と責任において実行すること。


【ニュース提供・エムトレ】



《HT》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below