April 23, 2018 / 10:44 PM / a month ago

NYの視点:米10年債利回り節目3%の行方睨む


*07:37JST NYの視点:米10年債利回り節目3%の行方睨む
米10年債利回りは2.99%と2014年1月以来の高水準を達成した。ドルの行方を見極めるうえでも、重要な節目とされる3%を果たして突破し、突破後も上昇が続くかどうかに焦点が集まる。警戒されていた利回り曲線の平坦化も解消しつつある。利回り曲線の逆転は、景気後退を示唆する兆候として警戒されている。

米連邦公開市場委員会(FOMC)は次回5月の会合で、3月に追加利上げを実施後、政策金利を据え置く見込み。しかし、金融先物市場はその次の6月の連邦公開市場委員会(FOMC)での利上げをほぼ織り込んだ。

投資家は、米国インフレ率の一段の上昇や金融引き締めを再び織り込み始めた。4月初め、米連邦準備制度理事会(FRB)が公表した3月FOMCの議事録の中で、全てのメンバーがここ最近の経済が強まっており、インフレも上昇していると判断したことが明らかになった。今月に入っても、原油価格の上昇などが、物価を押し上げた。

5月FOMCの材料となるベージュブック(地区連銀経済報告)でも全米の経済が引き続き緩慢または緩やかな成長を継続していると指摘されている。また、物価に関しては、米国の輸入制限の影響もあり、アルミや鉄鋼などの価格が高騰。企業は一段の物価の上昇を予想していることが明らかになった。

また、ムニューシン米財務長官が訪中を検討しており米中の合意に慎重ながら楽観的な見通しを見せたことで貿易摩擦への警戒感が緩和。また、米朝首脳会談も控え、地政学的リスクも緩和したため、安全資産としての国債購入も後退し、更なる米国債利回りの上昇につながった。


《CS》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below