May 18, 2018 / 8:59 AM / 3 months ago

トラックへのCO2排出量削減目標設定で白金需要が増す? サンワード貿易(三井智映子)


*17:54JST トラックへのCO2排出量削減目標設定で白金需要が増す? サンワード貿易(三井智映子)
こんにちは、フィスコマーケットレポーター三井智映子の「気になるレポート」です。  今回は白金相場についてのレポートをご紹介します。

まずは白金についておさらいをしてまいりましょう。白金というと宝飾品を連想される方が多いと思います。宝飾用の白金の生産のうち25%は日本で消費され、日本ではアクセサリーとしての白金人気が高いですね。ですが、実は白金の需要の40%を占めるのはディーゼル車の排ガス処理の触媒としての使用なんです。

これを踏まえてレポートを見ていきますと、『2015年にフォルクスワーゲンによるディーゼル車の排ガス不正が発覚し、それを受けてディーゼル車人気が低下しました。それにより、ディーゼル車の触媒に多く使用される白金需要が低下し、白金価格が大きく下落し、東京白金が東京金を下回ることになりました』とのことで、足元では金価格が白金価格を上回っています。

しかし、ここにきて白金需要が増加する可能性が出てきました。というのも、『EU委員会はEU内で販売されるトラックの二酸化炭素(CO2)排出量について、2030年までに30%削減するとの目標を掲げる見通しであることを伝えております。EU委員会は、CO2排出量の削減目標の草案を今月17日に公表する見通しとなっており』と、初めてEUがトラックに対するCO2排出量削減に基準を設けるというのです。

続けてレポートでは、『EUがトラックに対するCO2排出量削減目標を掲げることになれば、白金価格が上昇することも考えられます。それだけに、EU委員会から17日に公表される「CO2排出量の削減目標の草案」を前にして、東京白金に対する強気な見方も一考かもしれません』との見解となっています。引き続き注視したいところですね。

上記の詳細コメントは、ブログ「松永総研~北浜の虎と呼ばれた男~」の5月14日付「白金市場」にまとめられていますので、ご興味があればご覧ください。

フィスコマーケットレポーター 三井智映子



《DM》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below