June 1, 2018 / 3:02 AM / 2 months ago

5月の日本株市場振り返り、SMBC日興証券(花田浩菜)


*11:55JST 5月の日本株市場振り返り、SMBC日興証券(花田浩菜)


こんにちは、フィスコリサーチレポーター花田浩菜の「SMBC日興証券の気になるレポート」です。

6/1付の「DailyOutlook」では、5月の日本株市場について考察しているのでご紹介します。

まず同レポートでは、『5月の日本株市場を振り返ると、序盤は決算発表をにらみながらの個別物色となったが、中旬には米中関係を巡る懸念の後退や米朝首脳会談への期待などで堅調に推移。ただ、5月21日に日経平均23,000円を回復して以降は、イタリアの政局不安などから下落に転じた。東証33業種別株価指数の動向を探ったところ、海運業や鉱業などは原油価格に右往左往したほか、輸送用機器は米政府が自動車の輸入関税引き上げを検討していることなどが重石となった』と伝えています。

続けて、堅調な推移を示したのは内需やディフェンシブ関連の業種だったことを挙げ、『このように相対的に内需やディフェンシブ関連が選好されたなかで、外需・景気敏感関連である化学の健闘が目立つ。ただ、指数を構成する銘柄をみると、上昇の牽引役となっているのは素材としての化学メーカーではなく、花王(4452)やユニチャーム(8113)といった日用品、資生堂(4911)、コーセー(4922)、ポーラ・オルビスHD(4927)といった化粧品、つまりインバウンド関連の銘柄だ』と分析しています。

さらに、『これに限らず他の業種のインバウンド関連銘柄も概ね堅調な株価推移をしている。このように業績が堅調で成長性が期待されるテーマには、日本株市場の動向にかかわらず、投資資金が流入しているといえよう』とまとめています。

最後にレポートでは、『業種別株価指数騰落率(4/27~5/31)』をグラフにして紹介していますので、詳しくは6/1付の「DailyOutlook」をご覧になってみてください。

また、面白いレポートを発見したらご紹介しますね。

花田浩菜の「気になるレポート」は各種レポートを花田浩菜の見解で注目し、コメントしています。レポート発行人との見解とは異なる場合があります。詳細は発行人のレポートを御確認くださいませ。

フィスコリサーチレポーター花田浩菜



《ST》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below