June 11, 2018 / 10:42 PM / 6 months ago

NYの視点:米朝首脳会談を睨む、慎重ながら楽観的


*07:39JST NYの視点:米朝首脳会談を睨む、慎重ながら楽観的
歴史的な米朝首脳会談が12日にシンガボールで現地時間午前9時から開催される。米国のトランプ大統領は、金委員長と通訳者、ジョン・ボルトン大統領補佐官(国家安全保障問題担当)だけが出席する1対1の会談を予定している。米朝会談の期限は決められておらず、トランプ大統領は交渉が進展した場合、長期滞在も辞さない構えを見せていた。

しかし、北朝鮮の金委員長はシンガポール時間で午後4時にはシンガポールを出発する計画のようで、会談開始から7時間後となる。これに伴い、トランプ大統領も帰国時間を予定より早めたと報じられた。会談後に、トランプ大統領は記者会見を予定している。

ホワイトハウスは、「米国と北朝鮮の協議は予想以上に速やかに前進している」と前向きなコメントを出した。ポンぺオ国務長官は、「トランプ大統領は自信を持って、ポジティブな態度でのぞむ。もし、金委員長が非核化をしたら、北朝鮮には明るい未来がある」と言及。また、方針に変更はなく、「米朝に信頼が必要だ」と訴えた。

ポンぺオ国務長官は米国が北朝鮮が非核化を実現した場合、北朝鮮に以下を提供することを約束するようだ。

1安全保障
2政治的関係
3経済的支援

何らかの共同宣言がなされると見られているものの、北朝鮮は韓国との国境における米軍撤退を要求する可能性など、今回の会合だけで、米国が望んでいる合意に達することが可能とは考えにくい。トランプ米大統領も12日に合意署名する可能性はある、としながらも、数回の会談が必要になる可能性も指摘している。合意までは長い道のりとなりそうだ。しかし、前進することに、慎重ながら楽観的な動きが続く可能性がある。



《CS》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below