June 13, 2018 / 7:09 AM / 2 months ago

トランプ大統領の「アメリカ・ファースト」でメキシコペソが下落基調に サンワード貿易の陳氏(三井智映子)


*16:04JST トランプ大統領の「アメリカ・ファースト」でメキシコペソが下落基調に サンワード貿易の陳氏(三井智映子)
皆さん、こんにちは。フィスコマーケットレポーター三井智映子の「気になるレポート」です。 高金利通貨であるメキシコペソですが、先週の下落で年初来安値を更新し、最安値水準となっています。そこでメキシコペソの値動きについてのレポートを今回はご紹介します。

メキシコペソの下落は米国が北米自由貿易協定(NAFTA)を破棄するという懸念が背景にあるようですね。レポートでは、『トランプ大統領が貿易問題で「アメリカ・ファースト」的な姿勢を強めてきた』とトランプ大統領のツイッターから分析しています。

さらに、『一時は順調に思えたNAFTA再交渉も頓挫しております』と再交渉の行方を伝えており、『メキシコのグアルハルド経済相は5日、NAFTA再交渉が年内に基本合意に達する確率を「50%以上」と述べております。そして、米国とカナダ&メキシコとのNAFTA再交渉が消滅して2国間交渉に転じるとの見方も高まってきました』と解説しています。

また、『メキシコの輸出国割合の78.8%が米国ですから、メキシコの輸出に関する米国依存度があまりにも大きすぎます』とのことで、『今回のNAFTA再交渉が決裂し、年内のNAFTA再交渉の基本合意の可能性もかなり低下したことを受けて、メキシコの今後の経済成長に対する不透明感が高まっており、それと共にメキシコペソが下落基調を強めております』とメキシコペソへの影響を伝えています。

そして今後の値動きについては、『米国とメキシコの貿易交渉が難航している限りは、メキシコペソが軟調地合いを続ける可能性』を示唆しています。参考にしてみてくださいね。

上記の詳細コメントは、ブログ「テクニカルマイスター」の6月12日付「メキシコペソ」にまとめられていますので、ご興味があればご覧ください。

フィスコマーケットレポーター 三井智映子



《DM》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below