June 15, 2018 / 5:23 AM / 5 months ago

韓国銀行は7月から顧客ID確認のためにブロックチェーン技術を利用


*14:17JST 韓国銀行は7月から顧客ID確認のためにブロックチェーン技術を利用

韓国の国内銀行グループは、わずか数週間で国内商業銀行向けのブロックチェーンヲ基盤とする身元確認システムを展開する予定である。
韓国銀行連合会が発表した通知書によると、「BankSign」と呼ばれる新しいシステムは、2018年の4月にテストヲ開始したが、2018年7月に本格的に導入される予定である。
「BankSign」は、Samsungのエンタープライズソリューション部門が開発したプライベート・ブロックチェーンプ・ラットフォームであるNexledgerの上に構築され、現地銀行に、韓国で何十年も前から利用されてきた既存の身元検証システムを置き換えるためのオプションを提供すると、韓国銀行連合会は発表した。
1984年に設立された韓国銀行連合会は、韓国の商業銀行を代表しており、Shinhan銀行やWoori銀行のような著名な会員銀行を含んでおり、ビジネス顧客ヲ対象にしたブロックチェーンに基づいた、国境をまたぐ送金システムを開発している。
韓国銀行連合会によると、新しいブロックチェーンの身元照会サービスは、オンラインバンキングとモバイルバンキングの両方で利用できる、という。韓国の商業銀行が一般消費者がブロックチェーンアプリケーションを利用できるようにする、最初の取り組みのひとつである。
韓国中央日報によると、韓国銀行連合会は2017年11月に、国内金融機関との銀行ブロックチェーンコンソーシアムを結成し、その後、代替認証システムの開発がすぐに始まった。
報道は、韓国政府が銀行が従来のシステムを使用しなければならないという義務を解除し、銀行業界がより合理的なサービスを自由に採用できるようにした後、2018年4月に「BankSign」のベータテストを始まった、と追加した。
出典 Coindesk


【ニュース提供・エムトレ】



《HT》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below