June 26, 2018 / 10:42 PM / 3 months ago

NYの視点:米6月の消費者信頼指数、楽観的見方が弱まる


*07:39JST NYの視点:米6月の消費者信頼指数、楽観的見方が弱まる
米国のコンファレンスボードが発表した6月消費者信頼感指数は126.4と、予想128.0を下回り、5月128.8から低下した。現況指数は161.1で5月から低下。5月分は161.7から161.2へ下方修正された。見通し指数も103.2と、5月の107.2から低下し、年初来で最低となった。米国の1−3月期国内総生産(GDP)は前期比年率で2.2%成長だった。エコノミストは4−6月期経済が4%成長を示し、2018年経済がおおよそ3%成長を達成すると見ている。一方で、消費者は、世界的な貿易戦争への脅威やインフレの上昇などに、それほど楽観的ではないようだ。

6カ月後の見通しの内訳で、ビジネス環境は21.4と、5月の23.3から低下。前年同月の20.1は上回った。雇用増加の見通しは一段と強まったものの、所得が増加するとの見通しは18.8%と、5月の21.4%から低下し、前年同月の20.9%も下回った。

コンファレンスボードの景気指数担当ディレクター、リン・フランコ氏は「現況の判断はほぼ変わらず、経済成長のレベルは依然強いことを意味している」と指摘。見通しは歴史的基準で依然、高水準にあるものの、楽観的見方は緩和しつつある。消費者は経済の成長の勢いが一段と増すとは考えていないようだ」との見解を示した。米国の経済は7割が雇用が占めるため消費動向には度々注目が集まる。消費者は賃金の大幅な伸びを期待しておらず、今後の消費動向に影響を与える可能性があり、下半期経済ペースの鈍化につながる可能性もある。



《CS》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below