June 28, 2018 / 10:42 PM / 3 months ago

NYの視点:米Q1個人消費は5年ぶりの低い伸び、Q2成長に懸念も


*07:38JST NYの視点:米Q1個人消費は5年ぶりの低い伸び、Q2成長に懸念も
米商務省が発表した1-3月期国内総生産(GDP)確定値は前期比年率+2.0%と、予想外に改定値+2.2%から下方修正された。1-3月期個人消費確定値は前期比年率+0.9%と、2013年4−6月期以来の低い伸びにとどまった。昨年10−12月期は4.0%の伸びを示していた。

個人消費支出の寄与度が改定値の0.71%ポイントから0.60%ポイントへ引き下げられたことが、主に全体指数を押し下げる要因となった。加えて、在庫の寄与度がプラスの0.13%からマイナス0.01%に引き下げられたこともマイナス要因となった。ネットの貿易もマイナス0.04%と、プラス0.08%から落ち込んだ。

一方で、固定投資が1.05%から1.23%へ引き上げられたことはプラスに寄与。価格指数は+2.2%と、予想外に+1.9%から上方修正されたことはポジティブサプライズととらえられた。

懸念材料としては消費者支出の鈍化が続いていること。昨年10−12月期の2.75%から0.6%に大きく鈍化した。伸びは2013年4−6月期来5年ぶり最小。主に自動車、他の耐久財支出の鈍化が影響した。米国の経済は消費が7割を占めるため、消費が落ち込むと、景気に響く。アトランタ連銀の1−3月期GDPの見通しは、トランプ大統領の税制改革の開始を受けて5%台の成長予想から始まった。しかし、結局2%の成長に終わった。4−6月期も最大で5.3%、4%台の成長が期待されているものの、最終的な伸びが期待に届かない可能性がでてきた。



《CS》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below