July 3, 2018 / 10:42 PM / 3 months ago

NYの視点:2019年のリセッション懸念が強まる中、米経済の強い成長期待も根強い


*07:37JST NYの視点:2019年のリセッション懸念が強まる中、米経済の強い成長期待も根強い
国際通貨基金(IMF)によると、世界経済は2018年、2019年と3.9%成長が予想されている。しかし、2019年に世界経済が景気後退入りするリスクが著しく高まったと、ストラティジストは警告。利回り曲線も一段と平坦化。米2年債と10年債の利回り格差は3日、2007年9月以降ほぼ11年ぶり最小となった。短期債と長期債の利回りが逆転した場合、景気後退入りする兆候だと見られており、FOMCメンバーを含めて警戒されている。

貿易摩擦の深刻化、英国の欧州連合(EU)離脱などが経済の投資信頼を弱めると指摘されている。一方で、中央銀行は危機対応の金融緩和策の正常化に動き始めた。特に米連邦準備制度理事会(FRB)は利上げ軌道にあり、住宅ローン金利を引き上げるほか、消費者の可処分所得を減らすことになる。

JPモルガンのストラティジストは貿易摩擦の最悪のシナリオとして、今後2年間で少なくとも1.4%の世界経済の成長を引き下げることになると警告。ただ、まだ、最悪のシナリオが具体化していないと加えた。政策の不透明性は消費やビジネスの信頼を低下させる。

一方で、本日米商務省が発表した5月耐久財受注改定値は前月比-0.4%と、速報値-0.6%から予想-0.5%以上に上方修正された。設備投資の先行指標となる航空機を除く非国防資本財(コア資本財)の受注確定値は前月比+0.3%と、速報値の‐0.2%から上方修正され、2カ月連続のプラスとなった。国内総生産(GDP)の算出に用いられるコア資本財の出荷は+0.2%と、−0.1%からやはり2カ月連続のプラスに上方修正された。また、5月製造業受注は前月比+0.4%と、伸びは予想の横ばいを上回った。4月分も-0.4%と、-0.8%から上方修正。4−6月期のGDPが期待どおり高い成長を示す可能性も存続する。


《CS》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below