July 13, 2018 / 6:34 AM / 4 months ago

中国、W杯絡みの賭博行為で540人を逮捕


*15:23JST 中国、W杯絡みの賭博行為で540人を逮捕

2018FIFAワールドカップロシア大会は日本時間15日午後24時に、いよいよフランス対クロアチアの決勝トーナメントが行われる。幕を下ろそうとしている4年一回の世界的なイベントに、多くの中国人サッカーファンも熱狂させた。しかし、なかには違法なサッカー賭博をする人も多くいる。

中国当局はこのほど、W杯絡みの違法なサッカー賭博への取り締まりを強化されている。広東省だけでは、賭博容疑で540人が逮捕されたほか、賭博資金2.6億元(約44億2000万円)が凍結された。

中国紙・法制日報などによると、広東省公安庁はこのほど、ネット上の違法なサッカー賭博を取り締まっていた。20余りの犯罪クループを摘発した。70以上の賭博用スマートフォンアプリ・ウェブサイトと、250以上のSNSチャットグループを閉鎖した。

広東省茂名市警察当局は初めて、仮想通貨のビットコインを利用したネット上の賭博プラットフォームを摘発した。資金規模が100億元(約1700億円)以上で、会員数が33万人いる。

中国では賭博行為は禁止されている。しかし、中国当局は、中国スポーツ総局が統括する公営スポーツ宝くじの購入を認めている。6月14日ロシア大会が開幕されてから、スポーツ宝くじの購入者が急増した。

中国スポーツ宝くじ公式ウェブサイトによると、2018年ロシア大会に関連するスポーツ宝くじの売上は2日の時点で300億元(約5100億円)以上となった。14年のブラジル大会の売上の129億元(約2193億円)を大幅に上回った。同サイトによると、ロシア大会に関するスポーツ宝くじの売上総額は400億元(約6800億円)を突破すると見通しだ。

(翻訳編集・張哲)



【ニュース提供・大紀元】



《HT》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below