July 18, 2018 / 8:45 AM / a month ago

日本防衛費増の動き「仮想敵は中国」とロシア期待


*17:36JST 日本防衛費増の動き「仮想敵は中国」とロシア期待

NATO加盟国は、対ロシア・中国の脅威に対抗するために軍事費を増加させる。足並みを揃えて、日本の防衛予算もGDP2%に達すると予想されている。ロシアは、日ロ関係が積極的に発展するなか、日本の軍備強化は対中国が目的となるよう希望している。

ベルギーのブリュッセルで開催された今年のNATO首脳会議では、全加盟国29カ国が、2024年までに加盟国の軍事支出を国内総生産(GDP)比2%をクリアする合意内容を実行する決意を表明した、首脳宣言を採択した。

NATOは多国分担金システムを取っている。NATO最新報告によると、米国の軍事支出はGDPの3.5%。ドイツは同1.24%で、目標ラインに達していない。トランプ大統領は、NATOの加盟国は自国の安全を守るため、国防能力を強化するために、より多くの資金を投入すべきだと述べた。

NATOの報告によると、米国を除くNATO加盟国28カ国の軍事総支出合計は3120億ドルで、米国はその倍にあたる推定6230億ドル。28カ国の合計GDPは、米国を上回る。

NATO加盟国の軍事増資はロシアにとって脅威となる。ロシア経済界の一部にも、経済成長が芳しくないなか軍事の支出増加は、否定的な意見もあがっている。

*ロシア、日本も防衛予算増加なら 理由づけは「中国」になるよう希望

7月11日、ベルギーのブリュッセルで開かれたNATO首脳会談で、上空の編成隊をながめる各国首脳たち(GettyImages)

同時に、ロシアは、NATOが軍事費を増やした後、アジア太平洋地域の主要な交流国である日本が、防衛支出を増加させることに懸念を抱いている。日本政府によると、日本の防衛費は18年度で5兆1911億円。17年度の名目GDP548.1兆円の約0.9%にあたる。

5月、自民党は安全保障調査会と国防部会の合同会議を開き、防衛費についてNATOの目標「対国内総生産(GDP)比2%」を目安に、「必要かつ十分な予算を確保」すべきとの提言をまとめ、同月中に安倍首相に提出した。

ブルームバーグによると、元防衛大臣である中谷元・安保調査会長は党本部で記者団に対して、「日本は各国と比べて、あまりにも防衛費の割合が少ない」とし、欧州の数値を参考にして提言に記入し、必要な予算の確保をつなげたいと語った。

NATO首脳会議にも、北朝鮮問題に対する共同宣言が含まれており、日本の要望と一致している。宣言によると、「北朝鮮に対して断固とした圧力を維持する」ことで同盟国が一致した。国連の対北朝鮮制裁の完全な履行や、核・化学・生物兵器を放棄させる取り組みなどが含まれる。

VOAによると、多くのロシア外交官は、日ロの共通認識は中国の台頭だと考えている。また、ロシアが日本の軍事支出を増やすことを目指す以上、日本の仮想敵はロシアではなく中国であるよう希望している。

ロシアの副外相は最近、世界の主要経済国である日本が国防費を増加させれば、その影響力は甚大だと表現した。日本とロシアの発展的関係を維持するため、日本の防衛増強の理由が、ロシアに矛先が向かないことを確実にしたいと語った。

ロシアのあるジャーナリストは、日本は、ロシアと中国が密接な関係になることを望んでいないため、プーチン政権が日本の懸念をうまく利用していると分析している。

いっぽう、ロシアは北方領土での軍事展開を強化しており、基盤を構築している。同時に、領土紛争で引き続き日本と交渉し、日本を失望させないようにしている。

ロシアの日本専門家は、プーチン大統領と安倍長官は非常に良い個人的関係を築いており、領土問題を解決できるという期待を、日本に抱かせていると述べた。ロシアと日本のアプローチは、双方向的だと語った。

同氏は「日本も、日ロ関係を温和に保つ必要がある。北東アジアの状況では、日本が置かれている状況は良いとはいえない。日中関係は悪く、半島情勢は安定していない」と語った。

プーチン大統領と日本の安倍首相は頻繁に会談しており、日ロ関係は穏便に保たれている。5月、ボリショイ劇場で「ロシアにおける日本年2018」が開かれた際、両首脳は式典に出席した。その後も、モスクワやサンクトペテルブルクなどの主要都市では、日本の絵画や写真展が開かれ、日本のドラマも放送されている。

(編集・佐渡道世)



【ニュース提供・大紀元】



《US》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below