July 19, 2018 / 10:44 PM / 3 months ago

NYの視点:中国が米国に対する報復で通貨安を利用VS米トランプ大統領はドル高をけん制


*07:37JST NYの視点:中国が米国に対する報復で通貨安を利用VS米トランプ大統領はドル高をけん制
中国の人民元は対ドルで6.7867元まで下落し、2017年7月以降1年ぶりの安値を更新した。中国当局は米国など世界の圧力を受け、貿易競争において有利になる自国通貨を人為的に引き下げる行動を控え、より現実的な水準に戻しつつあった。しかし、米国との貿易論争の勃発で、レバレッジに乏しい中国は、通貨という重要な手段を利用することが確実になったと見られる。米国のトランプ大統領が、2000憶ドル規模の中国の輸入品に追加関税を計画していると発表して以来、人民元は対ドルで5%下落した。

万が一、トランプ政権が警告通り、中国からの全輸入品に追加関税を賦課した場合、中国には、3つの選択肢がある。
1)対米輸出の減少を受け入れる
2)利益率の圧縮を受け入れる
3)対ドルで人民元を引き下げることでドルでの価格を引き下げ、人民元ベースでの利益率を保つ

トランプ米大統領はCNBCとのインタビューで、「米連邦準備制度理事会(FRB)による金利の引き上げに必ずしも同意しない」「高い金利は米国にとり不利になる」「中国の人民元は急落した」と、難色を示した。ただ、中央銀行が独立機関であることもあり、「FRBが最善と考えることをさせる」と加えた。

この発言の背景には11月の中間選挙を意識し、金利をできるだけ低く据え置きたい考えがあるほか、米国の利上げがドル高につながり、人民元の価値を引き下げ中国の輸出に有利に働くことを避けたい意向がある。人民元の下落は、中国の貿易の競争力を高める。中国との貿易戦争に勝つためにもドル高は避けたいと見られる。ただ、連邦準備制度理事会(FRB)は独立機関であり、政治にかかわりは持たない。大統領が実際に、利上げを引き留めるような行動を起こしたり、FOMCが大統領の意見を考慮するとは考えられない。FOMCが利上げ軌道を修正する可能性は極めて少なく、ドルは押し目買いが奏功すると見る。



《CS》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below