July 25, 2018 / 10:51 PM / 5 months ago

NYの視点:貿易摩擦解消に向け第一歩


*07:49JST NYの視点:貿易摩擦解消に向け第一歩
米国のトランプ大統領と、欧州連合(EU)委員会のユンケル委員長は25日の通商協議で、緊張を和らげ、大西洋貿易戦争を回避することを目指した合意に達した。

ユンケル委員長との会談を控え、ワシントンボスト紙では、数人のトランプ政権経済顧問の話として、トランプ大統領が年内に外国製自動車2000億ドル相当に25%関税発動する意向であると報じられており、トランプ政権は間際まで圧力をかけていた。

欧州高官は、「鉄鋼やアルミの関税はとるに足らないが、自動車関税となると話は別」と語っており、自動車関税は是が非でも避けたい考え。欧州は米国の液化天然ガスや大豆の輸入を拡大。欧米ともに工業製品に対する関税を引き下げることで合意した。これで、欧州車への関税もなくなる可能性が強まった。ただ、詳細は明らかではない。欧米はまた、関税撤廃のほか、世界貿易機関(WTO)改革、不均衡是正に向けて協力していく。

欧米貿易摩擦が解消に向けて前進したいま、中国のみが報復を主張することも困難な環境になる。また、北大西洋自由貿易地域(NAFTA)再交渉協議も近く再開される。カナダや新大統領が着任したメキシコは、速やかな進展を要請。メキシコの新大統領は8月中の合意を望んでいるという。貿易摩擦問題は時間をかけて、改善に向かうと期待される。同時に、貿易不均衡是正が実現すると、米国経済の成長をより支援することになり、さらなるドルの支援材料となる。



《CS》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below