August 1, 2018 / 6:08 AM / 4 months ago

拘束人権弁護士の妻、訪中した英外相と面会


*14:56JST 拘束人権弁護士の妻、訪中した英外相と面会

中国を初公式訪問している英ジェレミー・ハント外相と在中英国大使は7月30日、中国当局が2015年に一斉拘束した弁護士たちの妻と面会した。妻たちは外相らに「3年間の失踪と今の状況を詳しく説明した」とSNSで報告している。

中国公安部は3年前、共産党による法輪功迫害を含む、当局が敏感問題として取り締まる事案を担当していた弁護士300人以上を一斉拘束した。今もなお拘束されている王全璋・弁護士の妻、李文足さんは、7月31日にツイッターで、ハント外相とバーバラ・ウッドワード在中英国大使と面会したと述べた。

「王全璋の失踪など、この3年間の状況を詳しく説明しました。外相は真摯に聞き入ってくださった」「英国政府に弁護士大量拘束事件など中国人権問題に高い関心を向けて頂いたことに感謝を伝え、継続して注視してもらうよう申し出ました」と、李文足さんは外相と大使、ほかの拘束された弁護士の家族たちとの写真を付けて語った。

李文足さんら弁護士の妻は、夫の解放に向けて、北京から天津までウォーキングして問題への注意喚起をうながしたり、26回以上も裁判所に無罪釈放を呼び掛ける意見書を提出したりしている。

一斉拘束から3年経った7月9日、米国や香港、台湾で講演会や抗議集会が行われた。米ニューヨーク市にあるフォーダム大学ロースクールでは14の人権団体が、共同開催した講演会で、王弁護士に「中国人権弁護士アワード」を授与した。

拘束事件の後、安否も行方もわからなくなっていた王弁護士だが、7月19日、法定代理人を担当している山東省の劉衛国弁護士がインターネットで、王弁護士と天津市第一留置所で面会したことを明かし、事件後はじめて生存しているとの情報が伝えられた。王弁護士は拷問や精神的な抑圧を受けていると報じられていたが、劉弁護士によると「体調や精神状態は良好だ」という。

(編集・佐渡道世)



【ニュース提供・大紀元】



《US》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below