August 9, 2018 / 12:39 AM / 4 months ago

今週のトルコリラは上値の重い展開か サンワード貿易の陳氏(三井智映子)


*09:31JST 今週のトルコリラは上値の重い展開か サンワード貿易の陳氏(三井智映子)
皆さん、こんにちは。フィスコマーケットレポーター三井智映子の気になるレポートです。先週はトルコリラ円が大幅下落となり、対ドル、対円ともに過去最安値を更新しましたね。そこで、今週トルコリラはどうなるのか、トルコリラについてのレポートをご紹介します。

テクニカルマイスターでは、トルコリラ円が大幅下落した要因について『インフレ圧力が高まることへの懸念や、米が対トルコ制裁の発動を警告したこと』と伝えています。

インフレについては『トルコ中央銀行のチェティンカヤ総裁は31日、四半期インフレ報告を発表し、トルコ中銀が2018年のインフレ率見通しを従来の8.4%から13.4%へ大幅に引き上げたことを明らかにした。また、2019年末のインフレ率見通しも4月時点の予想の6.5%から9.3%に上方修正した』と説明しています。

また、トルコの利上げについては『トルコ中銀は7月24日、政策金利の1週間物レポレートを17.75%に据え置くことを決定し、利上げ予想が大勢だった市場を驚かせた。ただ、さすがにここまでインフレ率が上昇したことで、次回の会合では利上げを行うのではないかとの期待も出ている』と解説しています。

アメリカとトルコの関係については、『トランプ大統領はトルコに対し、拘束している米国人牧師2人を解放しない限り制裁を科すと表明。両国間の緊張が高まった』と述べており、『同国のギュル法相とソイル内相を制裁対象に指定すると発表した』と伝えています。加えて、『同盟国の閣僚への制裁は異例で、両国関係の悪化は避けられないとの見方が強まった』と分析しています。これに対し、トルコは米側に制裁決定を取り消すよう要求するとともに、同じ方法で報復をすると宣言したようです。

そして、今週の値動きについては『トルコを取り巻く悪材料が拡大している』ことから、『上値の重い展開が続きそうだ』との見解を示しています。

上記の詳細コメントは、ブログ「テクニカルマイスター」の8月6日付「トルコリラ円、先週の動き・今週の予想」にまとめられていますので、ご興味があればご覧ください。

フィスコマーケットレポーター三井智映子





《HH》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below