August 10, 2018 / 7:27 AM / 9 days ago

グーグルの検閲版検索エンジン 人民日報「ネット自由を踏みにじった」と海外の反応に言及


*16:22JST グーグルの検閲版検索エンジン 人民日報「ネット自由を踏みにじった」と海外の反応に言及

米検索大手・グーグル(Google)が中国市場の再進出に向けて、中国政府の検閲ルールに合わせて検索エンジンを開発したと取りざたされている。グーグルの再進出は中国で正式に発表されていないが、共産党機関紙・人民日報は6日の評論記事で、検閲政策が海外で非難されていると認めた。記事はその後、削除された。

人民日報英語電子版は6日の記事で、中国のインターネット市場を開放する前提は、社会の安定を守ることだと主張した。同記事は、グーグルが中国市場に進出する場合、当局の「ルール」を順守する必要があると述べた。

記事は冒頭で、米メディア「インターセプト」の報道を引用した形で、グーグルが中国再進出に向けて、ネット検閲機能を搭載した検索エンジンを開発していると紹介。「これによって、人権、民主主義、宗教、平和的抗議などが含まれる情報へのアクセスが遮断される」

次の段落は「グーグルの再進出はまだ確認されていない」とし、「西側のメディア、政府などは、同社がインターネットの自由を踏みにじったと非難した」と海外の反応を紹介した。

同記事はまた、2010年中国のネット検閲とハッキング攻撃を理由に中国から撤退したグーグルは、再進出したければ、必ず当局のネット検閲政策に従わなければならないと強調した。

人民日報はその後、ホームページと公式Facebookに掲載したこの記事を削除した。

大紀元のコメンテーター・李林一氏は、同記事はネット検閲が海外では非難の的となっていると認めた、と指摘した。記事の掲載は「うっかりミスの可能性が高い」としながらも、「意図的だとの可能性も捨てられない」とみている。

「インターセプト」が1日、グーグルが、「ドラゴンフライ(トンボ)」という暗号名で中国向けのプロジェクトを開発していると報じた。ブルームバーグも2日同様の内容を報じた。

同開発プロジェクトを耳にしたグーグルの一部の社員は情報をリークしたと報じられている。社内から中国当局のネット規制に合わせた検索エンジンの開発は、利用者の信頼を裏切る行為だと不満の声が上がった。

(翻訳編集・張哲)



【ニュース提供・大紀元】



《US》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below