August 17, 2018 / 2:54 AM / a month ago

業績予想の上振れ余地が拡大した銘柄も多い、SMBC日興証券(花田浩菜)


*11:46JST 業績予想の上振れ余地が拡大した銘柄も多い、SMBC日興証券(花田浩菜)


こんにちは、フィスコリサーチレポーター花田浩菜の「SMBC日興証券の気になるレポート」です。

8/17付の「DailyOutlook」では、業績予想の上振れ余地について考察しているのでご紹介します。

まず同レポートでは、『19/3期1Q(4-6月)決算発表が一巡した。総じて堅調な決算内容ながら、通期会社予想の増額修正は限定的で、株式市場を押し上げるきっかけには至らなかったようだ。米中貿易摩擦が激化するなか、事業会社においても様子見姿勢は強いようだ。ただ、営業利益でみて19/3期通期市場コンセンサス予想が会社予想を上回っており、今回1Q実績もコンセンサスから上振れた好決算にもかかわらず、会社予想が据え置かれた銘柄も多い』と伝えています。

続けて、1Q決算発表時に、コマツ(6301)は為替前提1米ドル=100円を継続、ソニー(6758)は新たにリスク関連費用700億円強を計上、トヨタ(7203)は北米販売台数計画を5万台減額、など保守的に感じられる動きもあることを挙げ、『また、不透明感が出ていた中国需要についても、1Q決算発表直前の7月23日に中国国務院常務会議でインフラ投資加速方針が決定されたことは、当然ながら各社の見通しには織り込まれていないとみられる。コマツやダイキン(6367)にはポジティブであろう』と分析しています。

さらに、『現在、株式市場は調整局面にあるが、次の戻り局面に備えて、会社業績予想の上振れ余地が拡大する銘柄を投資対象として念頭におきたい』とまとめています。

最後にレポートでは、『19/3期営業利益のコンセンサス予想』を紹介しています。詳しくは8/17付の「DailyOutlook」をご覧になってみてください。

また、面白いレポートを発見したらご紹介しますね。

花田浩菜の「気になるレポート」は各種レポートを花田浩菜の見解で注目し、コメントしています。レポート発行人との見解とは異なる場合があります。詳細は発行人のレポートを御確認くださいませ。

フィスコリサーチレポーター花田浩菜



《ST》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below