August 20, 2018 / 6:58 AM / 3 months ago

「クレジット・プロトコルハッカソン」で「6Side」が優勝


*15:51JST 「クレジット・プロトコルハッカソン」で「6Side」が優勝
BaseLayer株式会社がマーケティング・パートナーシップ契約を結ぶ、ブロックチェーンの基幹技術の開発を行うBlockMason主催の「クレジット・プロトコルハッカソン」が、2018年7月6日から2週間にわたって開催された。そのハッカソンで優勝したのは「6Side」で、「6Side」が開発した「Gifter」アプリが誕生するまでの開発の経緯をインタビューした内容を、BlockMasonが公開した。

今回のハッカソンのテーマは、消費者金融の問題解決のためのDApps(ブロックチェーンを活用したアプリケーション)の開発である。優勝した「6Side」の「Gifter」アプリは、既存の手法と比べると、安くて、顧客と小売業者自身により多くの価値を提供できるギフトカードシステムの導入できるというものである。「Gifter」を活用すると、小売業者にとって有益となるユーザーデータを集積できると同時に、顧客の匿名性を保証できる。さらに、ユーザーは他の「Gifter」ユーザーとギフトカードの交換や売却、送信ができる。
「Gifter」アプリ」誕生までの経緯をインタビューした内容は以下の通りである。
Q:「6Side」チームと、どのようにブロックチェーン業界に参入したかを教えてください。
A:元々テクノロジーの未来に興味を持っていたことがきっかけで、チームメンバーとは大学で繋がりました。私たちはいくつかの「BizTech」カンファレンスに参加し、その後、「TeamBlockybois」のような大会に参加するようになりました。最近参加した、大会の一つは、BlockMasonがスポンサーで、MLGBlockchainが主催の大会でした。2回戦では、提供されたいくつものアイデアを拡張させる必要があり、そのなかの一つが、クレジット・プロトコルを活用したギフトカードアプリでした。この開発が、私たちを決勝ラウンドまで到達させ、多くの賞賛を得ました。
これがきっかけとなり、私たちはこのアプリの開発を続けることにしました。このタインミングでチーム名も「6Side」に変更し、それと同時にチームも拡張しました。ちょうど高校からの友人であったMichaelRomao氏と再会し、彼がテクノロジーに対する興味と情熱を持っていることを知ったため、彼をチームに採用することにしました。彼は最近、UniversityofWesternOntarioでソフトウェアエンジニアリングの学位を得て卒業しています。
Q:どのように「Gifter」のアイディアを思いつきましたか?
A:「Gifter」を思いついた最初の要因は、MLGBlockchainが主催した大会でした。私たちは「ブロックチェーン上でのプレゼント」というアイディアについて膨大なリサーチを実施していました。興味深いプロジェクトになると確信し、開発を続けることにしました。
Q:「Gifter」プロジェクトを続けてきて、「6Side」が直面した挑戦にはどのようなものがありますか?
A:どこの新しいテクノロジー関連のベンチャーでもあるように、学習曲線が存在し、多少の実験が必要です。一つの例は、「Gifter」拡大のためのユースケース権限契約(UCACs)の作成でした。ブロックチェーンは比較的新しく、多くの実験を重ねる必要があったため、チーム内でも知識を血肉にするまでに多少のプロセスを要しました。
Q:なぜ「Gifter」が革新的であり、世界が必要としているのでしょうか?
A:現在のギフトカードは購入、交換、そして贈呈という本来の目的そのものにおいても非効率的であり、安全性も低いのが現状です。実物のギフトカードや、eギフトカードを取り巻くセキュリティプロトコルは、これらが誕生・導入されるようになってからほとんど変わっていません。「Gifter」はこのような課題の根本的解決を目的として誕生しました。ギフトカードの購入、交換、贈呈が簡単になるだけではなく、ブロックチェーンの不変の性質により、安全性も高まります。この一新されたシステムのおかげで小売業者はギフトカード詐欺によるチャージバック(不正利用)の心配をする必要がなくなります。
「Gifter」を使うことで小売業者は、従来の価格のほんの一部の価格でギフトカードシステムを導入することができるため、これまでこのようなシステムを導入する余裕が無かった小さな企業にとっても導入のチャンスが与えられます。「Gifter」はさらに、ブロックチェーン技術を活用して、顧客の匿名性を100%守りながら、小売業者に価値ある消費者データ分析を提供することも可能にしました。
最近起きたFacebookとCambridgeAnalyticaのケースでもわかるように、ユーザーに完全なるプライバシーを提供した上で、ユーザーのデータをいかにして効果的に使用するかがポイントです。「Gifter」はブロックチェーン技術を用いて、ギフトカード業界を長らく蝕み続けてきたが解決されてこなかった課題を解決しようとしています。「Gifter」は革新的なプロダクトであり、世界に必要なものだと確信しています。
Q:「Gifter」の現在〜2018年の終わりまでのプランは何ですか?
A:私たちは現在「Gifter」の開発を続けており、2019年初頭に拡張機能のローンチを考えています。


【ニュース提供・エムトレ】



《US》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below