August 22, 2018 / 12:32 AM / 3 months ago

コラム【アナリスト夜話】:世界のATMが狙われている?FBIが警告(マネックス証券チーフ・アナリスト大槻奈那)


*09:25JST コラム【アナリスト夜話】:世界のATMが狙われている?FBIが警告(マネックス証券チーフ・アナリスト大槻奈那)
先週、米FBI(連邦捜査局)が、「世界の銀行ATMにサイバー攻撃のリスクがある」という警告を発したと報じられました。そしてその直後、インド第2位の信用組合Cosmos Bankで、銀行の規模の割には大掛かりなATMの不正事件が発生し、金融機関をヒヤリとさせました。

インドでは、6月にATMにネズミが侵入し、200万円分のお札が噛みちぎられるという残念なニュースがありましたが、今回の“侵入者”は高度でした。ハッカーがサーバーを操作し、ATMから預金が不正に引き出されたり、29か国で偽造デビットカードが使われるなどして13億円が盗まれました。但し、これとFBIの警告との関係は不明です。

世界のATMの不正利用件数は増加傾向にあります。ATM協会(ATM Industry Association) による17年のアンケート調査では、銀行の54%がATMの不正事件が増えたと回答しています。

日本はどうでしょうか。昨年度のインターネットバンキングやATMの不正被害は前年度から減少しました。ただし、平均被害額は倍増し、1件当たり292万円にも上りました(金融庁)。

では、どのような対策をとればいいでしょうか。当たり前ですが、まずは暗証番号の見直しです。暗証番号が安直だったり、他人に漏らしたりすると銀行の補償額が25%カットされてしまいます。

また、預金残高をマメにチェックする必要があります。補償を受けるためには、銀行に30日以内に届け出る必要があります。クレジットカードと違って、会社側から「不正の疑いがある」などという連絡はまずもらえません。

現在、預金金利はほぼゼロです。それに加えてこんな被害にあっては目も当てられません。新興国通貨も引き続き心配ですが、身近なリスクヘッジも心がけたいものです。

マネックス証券 チーフ・アナリスト 大槻 奈那
(出所:8/20配信のマネックス証券「メールマガジン新潮流」より、抜粋)





《HH》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below