August 23, 2018 / 9:15 AM / a month ago

中国でアフリカ豚コレラ感染拡大 4.3億頭が感染=米サイエンス誌


*18:07JST 中国でアフリカ豚コレラ感染拡大 4.3億頭が感染=米サイエンス誌

中国で、豚やイノシシに感染するアフリカ豚コレラ(ASF)の発生が拡大している。中国農業農村部によると、今月1日、中国遼寧省瀋陽の養豚場で1例目が確認された後、このほど河北省と江蘇省でもASFが発生した。

米誌サイエンス(21日付)は、ASFは中国東北部の4つの省で確認されたと報じた。すでに4億3000万頭以上の豚が感染した。また、感染は3月に発生したという。

中国農業大学の楊涵春教授はサイエンスに対して、中国は世界最大の豚肉生産国であるため、ASFの感染拡大は中国経済に「壊滅的な打撃を与えかねない」との認識を示した。

産業情報サイト「中商情報網」は今年3月、2017年世界の豚肉生産総量は1億1103万4000トンだったと伝えた。中国の生産量は5340万トンと世界の約48.1%を占め、旺盛な豚肉需要を反映した。

また「中商情報網」の2月の報道によると、17年中国豚肉の輸出量は前年比5.67%増の5万1300トン。

サイエンスによると、専門家は中国産豚肉の輸出に伴い、感染が世界各国に拡大すると強い懸念を示した。

ASFは人に感染しない。しかし、ASFに感染した豚やイノシシの致死率が非常に高い。ASFウイルスは、豚やイノシシの死体やフン、生や半生の豚肉加工品で約数週間生きる。現在、有効なワクチンはなく、感染した豚には殺処分が行われる。

中国農業農村部の調査では、すでに今年3月に遼寧省瀋陽でASFが流行していたという。専門家は、ASFの感染経路について輸入豚肉が原因だと分析する。

サイエンスによると、当局はASFに感染した豚の殺処分を急いでいる。瀋陽市だけで9000頭の豚が殺処分となった。

(翻訳編集・張哲)



【ニュース提供・大紀元】



《HT》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below