August 23, 2018 / 3:00 AM / 3 months ago

ここまでは内需関連の一角が相対優位、SMBC日興証券(花田浩菜)


*11:56JST ここまでは内需関連の一角が相対優位、SMBC日興証券(花田浩菜)


こんにちは、フィスコリサーチレポーター花田浩菜の「SMBC日興証券の気になるレポート」です。

8/23付の「DailyOutlook」では、内需関連株について考察しているのでご紹介します。

まず同レポートでは、『いよいよ本日(8/23)、市場で「様子見材料」とされてきた米国による中国に対する追加関税、中国による米国に対する報復関税が発動される。トランプ大統領は引き続き中間選挙勝利を目指し、強硬姿勢を取り続ける可能性がある。相場の不透明材料として浮上しやすいことは念頭に置きたい。ただ、本日の米中関税追加発動は、材料としての織り込みが相当程度進んでいると言えるだろう。過去において、イベント通過は「材料出尽くし」となり、往々にして短期的に相場反転のきっかけとなったことは想起したい』と伝えています。

続けて、海外情勢に絡む不透明感を背景に、日本株は年初来上値の重い展開が続いていることを挙げ、『その中、特に、貿易や為替に対する先行き懸念から、景気敏感株や輸出関連株が相対的に軟調となる一方、内需関連株の一角などが相対的に堅調だ。海外情勢の不透明感が漂う中では、引き続き内需関連株が選好されやすいだろう。また、国内企業の中間期末となる9月が近づき、配当利回りも意識されやすいと考えられる』と分析しています。

さらに、『直近30営業日の騰落率では、年初来で売られた鉄鋼、銀行、自動車が買われる動きも垣間見える。下げた銘柄に対する売り圧力が一巡してきた面も窺える』とまとめています。

最後にレポートでは、『業種別騰落状況(TOPIX17)』を紹介しています。詳しくは8/23付の「DailyOutlook」をご覧になってみてください。

また、面白いレポートを発見したらご紹介しますね。

花田浩菜の「気になるレポート」は各種レポートを花田浩菜の見解で注目し、コメントしています。レポート発行人との見解とは異なる場合があります。詳細は発行人のレポートを御確認くださいませ。

フィスコリサーチレポーター花田浩菜



《ST》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below