August 27, 2018 / 1:03 AM / a month ago

NYの視点:米Q2GDP改定値、米PCEコア、米中貿易摩擦の行方


*09:55JST NYの視点:米Q2GDP改定値、米PCEコア、米中貿易摩擦の行方
前週の短期投機家・投資家ポジションで円の売り持ち高は前々週から減少した。市場の円の売り持ち高が減少したため、円の下げ余地も広がる。また、ユーロの売り持ちは前週からさらに増加。

米国と中国は23日に、相互に160億ドル相当の商品に高関税を発動。貿易協議は再開したものの、トランプ大統領が示唆したとおり、今回の次官会合では大きな前進は見られなかった。今回は協議の再開に意味がある。11月の米中首脳会談に向けて、進展するかどうかに焦点が集まる。トランプ政権はさらに2000億ドル規模の中国製品に追加関税を計画。全ての中国輸入品に関税を賦課することも辞さない構え。

貿易摩擦の深刻化に懸念が強まる中、来週は、米国の7月月前渡商品貿易収支、7−9月期国内総生産(GDP)改定値、個人消費支出に注目が集まる。中間選挙も近づき、トランプ大統領の弾劾問題も強調される可能性が、ドルや金融資産市場にとりリスクとなる。

ただ、米国経済は依然順調。国内総生産(GDP)で3%成長が予想されており、ドルの下落も限定的と考える。パウエルFRB議長も強い成長が維持されるならば、緩やかな利上げが適切とした。米商務省が24日に発表した7月耐久財受注速報値は前月比-1.7%と、6月+0.7%から5月来のマイナスに落ち込んだ。伸びは予想-1.0%を下回り、1月来で最低となった。変動の激しい輸送用機除いた耐久財受注も前月比+0.2%。伸びは6月+0.1%から拡大したが、予想+0.5%にはとどかず。このため、下半期の消費が上半期のペースを下回る可能性が指摘されている。

一方で、国内総生産(GDP)の算出に使用される航空機を除く非国防資本財(コア資本財)の出荷は前月比+0.9%と、予想+0.3%を上回った。6月分も+0.7%から+0.9%へ上方修正された。また、企業の設備投資の先行指標となる航空機を除く非国防資本財(コア資本財)の受注は+1.4%と、予想を上回り4月来で最大の伸びを記録した。このため、7−9月期GDPも堅調な結果が期待されており、ドルの支援材料となる。アトランタ連銀は7−9月期国内総生産(GDP)の見通しを従来の4.3%から4.6%へ引き上げた。




《HT》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below