August 28, 2018 / 7:01 AM / 3 months ago

金融インフラサービス「MT LINK」を 荘内銀行と北都銀行に導入決定


*15:57JST 金融インフラサービス「MT LINK」を 荘内銀行と北都銀行に導入決定
マネーツリー株式会社の金融インフラサービス「MTLINK」を、フィデアホールディングスの連結子会社である荘内銀行【東北財務局長(登金)第6号】と、北都銀行【東北財務局長(登金)第10号】が、9月28日(水)にサービスを開始するスマートフォン向けアプリに採用した。これによって、「MTLINK」の連携会社は公式で40社となった。メガバンクや地域金融機関のMTLINK採用は15社目となる。

「MTLINK」の導入で、荘内銀行と北都銀行の新アプリでは、同行の口座以外に、他行の銀行口座やクレジットカード、電子マネー、証券口座、ポイント・マイルなどの取引明細をアプリ内で一元管理できるようになる。インターネットバンキングへ加入する必要はなく、口座開設者であれば、新アプリで口座情報を確認できる。

銀行業界の主流を占めるのはオープンバンキングである。そこで求められるのがAPIへの取り組みだ。荘内銀行と北都銀行は連携してAPIの策定と実装に取り組み、一般利用者に向けた新アプリの基盤を構築した。
今後の銀行業務にとって、モバイルアプリは必須である。APIを活用し、アプリのなかに自行だけでなく、他社のサービスを取り入れることで、柔軟な顧客のニーズ対応ができる。そうした取り組みが増えることによって、銀行業界にも新たなビジネスチャンスが生まれることだろう。
クラウド、モバイル、APIが地域金融機関に必要になってきた。それを支える「MTLINK」がアプリケーションを通してユーザーに利便性の高い金融体験を提供する。


【ニュース提供・エムトレ】



《US》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below