September 10, 2018 / 5:26 AM / 16 days ago

「アリペイ」認定代理店登録とアクワイアリング業務開始


*14:21JST 「アリペイ」認定代理店登録とアクワイアリング業務開始
株式会社フォーサイドの連結子会社、フォーサイドフィナンシャルサービス株式会社は、アリペイジャパンと契約を締結し、「アリペイ(支付宝)」の認定代理店に登録され、アクワイアリング業務を始めることになった。

フォーサイドグループは、2016年からパートナー企業を介してアリペイのサービスを各種小売店舗等に提供し、加盟店開拓業務を推進しているが、契約締結したことでアリペイのサービスを直接提供できるようになり、加盟店開拓業務に加えて、加盟店契約締結時の審査と契約締結後の加盟店管理など、アリペイのサービス関連業務を比婆広く展開する予定である。
フォーサイドグループは、加盟店に好条件でアリペイのサービスを提供できるので、一層の事業拡大に繋げることができるはずである。
日本国内のキャッシュレス決済比率は18%程度であり、2018年6月、政府は閣議決定で、「10年後(2027年)までにキャッシュレス決済比率を4割程度まで押し上げる」ことを決めた。
と同時に、政府は「観光先進国」も視野に入れ、2020年の東京オリンピックが開催時には、訪日外国人観光客数目標を4000万人と設定し、キャッシュレス決済等のインフラが整備されなければ、109億ドル(約1.2兆円)の機会損失が生まれるとの試算もあり、真に成功するためには、中国や諸外国で利用されているキャッシュレス決済の導入、普及は必要不可欠である。
フォーサイドグループは、2017年から中国のモバイル決済サービスを取り扱いを始め、高品質なスマートフォン向けQR決済サービスの提供拡大に尽力する予定である。

■アリペイとは?

アリババグループの関連会社アントフィナンシャルサービスグループが提供するアリペイは、世界最大規模のモバイル及びオンライン決済プラットフォームである。中国のアリペイ・アクティブユーザーは7億人、海外でも中国人向けのオフライン決済サービスを40カ国と地域で提供している。



【ニュース提供・エムトレ】



《US》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below