September 11, 2018 / 12:52 AM / 10 days ago

アップルストアの人気有料アプリ、データ盗み中国サーバへ送信


*09:47JST アップルストアの人気有料アプリ、データ盗み中国サーバへ送信

アップルストアで配布されている高評の有料アプリ「アドウェア・ドクター(AdwareDoctor)」は、ユーザの個人情報を盗み出し、中国サーバに送信するスパイ機能があるという。インターネットの安全について詳しい専門家が最近、指摘した。アップルは現在、同アプリの配布を停止している。

AdwareDoctorはストア内でも評価の高い有料アプリだった。配布価格は4.99米ドル、作成者はジャン・ヨンミン(ZhangYongMing)という人物。アプリは、コンピュータをスキャンしてマルウェアや疑わしいファイルを警告・除去することができると説明されていた。

アップル社製品の情報サイト「9to5Mac」によると、ネット安全性専門家パトリック・ワーデル氏は、同アプリの危険性について8月にアップル側に通報したが、ストアから取り下げられたのは9月になってからだった。

専門家によると、AdwareDocterはセキュリティ対策を偽ったスパイウェアで、ユーザのブラウザの閲覧履歴やダウンロード情報を入手し、中国にあるサーバに送信するスパイ機能がある。

9to5Macによると、中国サーバとの通信は途絶えているが、恐らくいつでも再開できるようになっていると推測を示した。いっぽう、アップルはセキュリティを強化しており、履歴など機密情報は保護されているとも付け加えた。

(編集・佐渡道世)



【ニュース提供・大紀元】



《US》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below